世界番付で5位のstap細胞は理研全面否定。小保方氏の今後と暗号を解読

スポンサーリンク

小保方晴子退職願いでSTAPがない事を決定づけてしまった

obo
外国人が選ぶ日本の出来事ランキングで5位にえらばれた。

ついに実現しなかったSTAP細胞の再現実験

48回の実験で結果がでず、監視カメラで見られながら行われたSTAP細胞再現実験。

理研は犯罪者扱いで監視したことを謝罪しているが、過去の論文のパクリ疑惑からすれば、止むを得ないところ。

むしろ理研の対応に誠実さが感じられる。

実験失敗→退職という結果だけみると、どうやらねつ造だったというしかない結論に達する。そもそもあれだけメディアに口撃されながらSTAPはあると言い続けた小保方晴子氏。

結局思い込みだったのか、夢を見ていたのかわからない。退職時に魂の限界と言って届を出したようだが、国民の怒りの限界は一体どうするつもりなのだろう。

日本に恥をかかせたことも出来ることなら謝罪したほうがよいのではないか。どちらにしろこのまま終わってほしくないので、陰でSTAP細胞を再現できることを心から祈りたい。

アホ方とかおバカたとかいう人も多くいるが、夢の細胞である以上できることなら実現を望みたい。

人の夢は儚いと書く。

なんて言葉はいらないので、再現されるのを望む。何故ならば世の中難病で苦しむ人が多くいる。その人たちを助けてあげられる可能性がある以上、いつまでも応援はしていきたい。

STAPが意味する暗号を解読

STAPを逆さまから読んでみた。PATSという言葉になる。PATの意味は撫でまわすという意味だから「S」を複数系であらわすとしたら、

スポンサーリンク

「非常にたくさんなでまわされた。」という意味になる。

撫でまわすを反対に言うと、逆撫でるという言葉が出てくる。

すなわちSTAPとは「わざわざ人の気分を害するような言動をとること」という意味になるのだ。

このSTAPがもたらした暗号の意味を解読できたのは、おそらく私だけであろう。

こじつけといわれてもしょうがないが、この意味をブログで広めたらはやるのではないだろうか。

調査委員会はSTAP全面否定

理化学研究所の調査委員会は、STAP細胞はES細胞の由来とほぼ断定づけた。混入したかどうかの証拠は不明のままの問題は終焉を迎えることになった。

何故このような、小保方氏にとって甘い結果に終わるのかはわからないが、これ以上尾を引きたくないのが心情なのだろう。

全面否定されたこの細胞は、もう一度日の光を浴びる日はくるのだろうか。

外部関連記事

さじなげた理研の記事

STAP夢のまた夢の記事

STAP細胞画像疑惑

STAP細胞は存在したのか

小保方晴子理研を退職へ

結局、小保方氏はねつ造したという結果に終わったSTAP細胞。

誰か夢の細胞の実現をもう一度果たすよう、チャレンジしてほしいと思うのは私だけではないでしょう。

スポンサーリンク



厳選記事

今や本は電子媒体となり、場所をとる事もなく借りても返す手間がなくなり、コミックレンタル(漫画)よりはるかに人気の媒体となってきました。

ネットで利用できる宅配大手3社で安心なところばかり集めてみました。スポットレンタルでの金額も掲載しているので、どちらを選べばよいか分かりやす…

スポンサーリンク


広告