メールだけのお問い合せをなくす方法を生み出せば大きなビジネスチャンスに!

スポンサーリンク

色々ネット検索をしていると、各企業のお問い合わせコーナーがあるが、きわめてよく見られるのがメールだけでのお問い合わせで、電話番号を掲載していない企業が多くみられる。

もしくは電話番号にたどり着くまでに、いくつかページを開いたりスクロールが長かったり、電話番号が小さく明記されていたり各企業様々だ。

企業にもユーザーにもデメリット

desk

ユーザーにとってものすごくわかりにくいページも多いのが特徴的だ。

これによってあきらかにチャンスロスをしている企業も多くみられる。何故ならば聞きたいことが、わからなければ読者はほかのページへいってしまうからだ。

ここのロスと、電話の手間はおそらく後者の方がまだ対費用効果で優っているので、電話番号を掲載していない状況がいえるのであろう。

それでもこういった対応をきちんとできるようになれば、顧客が増えることがあっても減る可能性の方が
低いわけだから、将来的にはこの問題を改善してもらいたいと思う。

スポンサーリンク

要するに電話番号を載せると問い合わせ電話が増え、企業もそこに手を取られるのが嫌な状況が伺われる。

あの電話の最大手のNTTでさえたまに問い合わせすると回線が込み合っています。しばらくお待ちください。

となるぐらいだからいかに電話番号をのせたらつながりにくくなるかがわかってくる。

対人ではなく対ロボットで賄えるか

という事は、この問題をクリアできるシステムをつくれば大きな儲けが期待できるという事。

大手になればなるほどこういった傾向はみられるから、この打開策があれば大きなビジネスチャンスだ。

確かにメールでのお問い合わせの方が、意味がわかりやすいことも多くあるだろうし、逆に言葉が足りなくて理解できないことも多くあるだろう。

メールでのお問い合わせは企業にとっては、手間がとられないかもしれないが客の立場からすると
緊急の用件がある人も数多くいるはずだ。

そういった人のニーズを解決する方法やシステムができれば、お互いメリットがあるといえるだろう。こういったユーザーの役に立った目線で商売をすると成功する確率が高くなってくる。

考えられる対策ではやはりコンピューターで受け答えするロボットやシステムを開発する事ではないか。

参考にしてもらいたい。

スポンサーリンク



厳選記事

今や本は電子媒体となり、場所をとる事もなく借りても返す手間がなくなり、コミックレンタル(漫画)よりはるかに人気の媒体となってきました。

ネットで利用できる宅配大手3社で安心なところばかり集めてみました。スポットレンタルでの金額も掲載しているので、どちらを選べばよいか分かりやす…

スポンサーリンク


広告