トリックシェフの正体川越達也の料理を見破れ。トリックハンター

2017年12月9日

ここではあの覆面シェフが作り出す、安い食材を使ったレシピを簡単に紹介しています。 文字だけなのですが、色々使える便利技だと思いますので参考にしてみてください。

スポンサーリンク

誰が覆面を被っているかは一目瞭然

torik 誰がどうみてもあの人でしょう・・・正体も何もわかりやすいと思います。これでわからない方が不思議ですね。バレバレじゃあないでしょうか

謎のシェフの料理テクニックを看破

あきらかに上の写真をみてもらえばわかるように写真の男性は、あの川越達也シェフである。 すでにこの時点で、変装トリックを見破っている気もしますが、これは置いておいて、本題に戻しましょう。

安い豚肉を高級トンカツに変えるトリック

buta ゲストは最近引っ張りだこの浅田舞さんと最強チャレンジャー彦摩呂さん。この前の企画で同じ肉系のカルビ最安値店を紹介していました。 1皿相場1、000円を税抜き100円とまさに回転寿司の価格並です。但し炭代金200円が必要とのこと。 さて本題に戻しますが、凄腕シェフの見極めが難しいシェフの今回の一人前150円の豚をおいしくさせた方法。 固くて風味が少ない豚肉をおろしショウガ小さじ1/2ほど表面に塗って15分おくだけです。 プロテアーゼが柔らかくさせる効果があり旨みをアップさせるそうです。 15分後水で洗い流し、水気をとって塩コショウをし、あとは普通の調理方法です。 今回も川越シェフの料理のテクニックは、大変参考になりましたね。未だに正体を見抜けない視聴者の方はいらっしゃるのでしょうか。 そしていつ正体をばらすのかが、今後の注目になりそうです。

養殖のブリを天然物に負けない調理方法

ひと切れ200円VS最高級ブリはとろける天然の1,400円の煮付け対決です。判定はグルメ請負人太川陽介さんと山内さん。 予想は、おそらくは昆布だしを沸騰させて、ブリを軽く泳がせてからそのあとに、煮付けにするか照り焼きにするかだと思いますが、この予想は当たるでしょうか? 正解はグルメリポーター太川さんがおお外しの結果で、そのおいしくさせた方法は、切り身を日本酒でつけ洗いすることで(5分間)旨みが増します。 もう一つは、こんにゃくを短冊切りにして、煮汁にしきつめて入れます、その上にブリをのせてあとは煮るだけです。

高級黒毛和牛と格安外国産肉の見極め

舞の海さんが100g3,240円と310円の肉の食べ比べをした結果、Aの肉を選び、他ゲストは意見が割れました。結果Bが正解で外したのです。 安い肉を間違えさせたそのトリックの正体は、牛脂をスライスしたものを肉にフォークをさして穴を開けて肉の裏表に貼り付けます。 半日ほど冷蔵庫で寝かせてあとは普通に料理するだけです。 簡単なので是非実行してみましょう。スーパーなどで無料でくれたりするそうです。松阪牛最安値はカルビ1皿600円でした。 お肉は誰しも大好きな食べ物ですから、プレゼントにもおすすめですね。

安いエビでおいしいエビフライの作り方

ボールに1リットルの水を入れて、そのあと30gの塩と重曹大さじ4はいを入れたあとに冷凍エビをいれ解凍するまで置いておき、そのあとは 普通にエビフライを作るだけ。 塩で解凍する理由は旨味を閉じ込める事ができるため。重曹は入れることによって固くなる性質があり、それがプリプリの食感を醸し出すため。お掃除にも使える万能重曹は、一家にひとつは必需品です。

にがりを使ったおいしいお米の炊き方は

炊く時ににがりを入れ、軽くかきまぜたあとに普通にごはんを炊きます。にがりの量は、1合に対して1滴いれればOKです。 にがりに含まれているマグネシウムがお米の中に浸透する事で、ふっくら弾力のあるもっちり食感へと変貌します。甘味もでて一石二鳥なのです。 TVで紹介されるごとに品薄になるこの「にがり」早めに手に入れておきましょう。

スーパーのうなぎをおいしくさせたテクニックは

うなぎにお湯をかけ、あらかじめかかっているタレを洗い流します。これでコラーゲンがお湯の温度であたたまりトロトロ食感になるのです。 そのあとはキッチンペーパーで水気を押さえる感じで拭き取ります。そして1匹に対し大さじ3杯のごく少量の油で身を1分、皮を30秒揚げるだけ。 これによって、うなぎの中の余分な油が溶けてなくなり脂っこさが消えます。最後に軽くキッチンペーパーで油を押さえて、付属のタレをかければ完成です。

まとめ

この番組はいつも、高級食材と安い食材で同じ料理を作りゲスト審査員に食べてもらって、どちらが高級か判定してもらう企画です。 激安肉を高級肉にかえるテクニックや冷凍エビをおいしいエビにかえるテクニックなど。実際ゲストの判定はいつも見破ることができないのだが,これは当たり前の事だと思う。 その理由はいたって簡単。 美味しい方を(高級食材)を手抜きで料理して安い方を全力で、シェフの力でおいしくするだけだからである。 要するに、よい食材を別のプロの料理人が調理しないと、なんの意味もない企画だと思われる。 私だって(料理しませんが)本気出した場合と、手抜きした場合の味は素人とはいえ、全然変わってきます。 ましてやプロのシェフが手掛ける料理だから、それは顕著にあらわれるでしょうね。 火加減ひとつで、料理は台無し、調味料も同様です。いい塩梅の料理加減などプロには、ままごとのようなものでしょう。 そう思いませんか? いかがでしょう?共感できたら下のいいねボタンなどよろしくお願いします。 これが、本当の意味でのトリックシェフのトリック料理を見破る方法でした。うがった見方ですいません。 (-_-;) 以上が今までに放送された過去の料理方法のまとめになります。