ギャップに驚き!ワンパンマンのレンタル料金と見どころと感想まで

スポンサーリンク

どこか聞いたことのあるタイトルのワンパンマンは、あの幼児向けアニメ、アンパンマンとほぼ丸被りのタイトルを付けたマンガです。

しかも必殺技も被っていて、タイトル通りワンパンチで相手を倒してしまいます。しかも主人公は全く強そうに見えないギャップも面白くて、ここではそのワンパンマンの見どころなどを紹介していきます。

DVD・コミック料金比較


ワンパンマンはDVDも何気に発売されていて、6巻ほど音声と迫力を映像で楽しめます。

ネットで借りるなら30日間無料お試しを利用したほうが、お得なので30日後の料金プランを下記で比較してみました。

レンタル会社 DMMレンタル ツタヤディスカス GEO(ゲオ)
月額料金 1,555円 1,833円 1,860円
繰越 最大8枚 最大8枚 最大8枚
上限枚数 8枚 8枚まで
9枚目から旧作
のみ借り放題
8枚
延滞料金/送料 無料 無料 無料
その他プラン 月4枚で907円 月4枚で933円 月4枚で900円
借り放題 1,833円 1,833円から なし
公式サイト DMM
DVD/CDレンタル
ツタヤ


ゲオ

全巻借りる際の金額と購入におすすめストア

まだ連載が続いているワンパンマンは、最新刊は13巻まで出ています。ネットで借りた場合の単行本料金を各社で計算してみましたので、借りてみたい人は参考にしてみてください。

全巻借りた場合はツタヤが安く済みます。DVDと両方見てみたいならツタヤで利用してみましょう。

スポンサーリンク

ちなみに購入するならオススメなのは、イーブックイニシアティブジャパン eBookJapanが人気もあるのでいいと思います。

その他サービスは下記で内容をチェックしてみてください。

矢印 独自の口コミ付き電子書籍ストアをランキング形式で徹底比較!

簡単な説明

この世界では怪人という存在がふいに現れては人々に危害を加えることがある。しかし、対抗するためにプロのヒーローが存在しており怪人が現れた際にはヒーローが駆けつけるようになっている。

主人公のサイタマはプロのヒーローではなく趣味でヒーローを行っており、同じように怪人が現れた際は駆けつけるのだが、三年間の修行によりどんな怪人も一撃で倒せる力を手に入れてしまった。

度々、世界が崩壊する危機を迎えながらもサイタマだけは自分と同等に戦える存在を探しているのだった。

見どころ

ワンパンマンの見どころはなんといっても戦闘シーンに有ると思います。怪人にも強さや災害の大きさに合わせてレベルがあり、当然レベルが高くなればなるほど戦闘シーンの迫力が良くなります。

ヒーロー達にも様々な戦闘スタイルがありますので単純に楽しむことができると思います。また、それだけではなく後半になるにつれて怪人についてのことにも深く触れられていきます。

初めから怪人のいる世界として話が進んでいきますが、ではその怪人はどこから来たのか?といった部分まで話が展開していきます。

キャラクターやアクション好きになるもよし、ストーリーを好きになるもよしといくつもの点から見て楽しむことができます。

感想

まず、一番初めに感じたことはとても読みやすいなということです。変に難しくしようとしていないので気軽に読むことができました。

そして、今までに読んできた漫画の常識を一気に覆したような感覚を味わえる漫画でした。タイトルにもあるようにサイタマはワンパンチで怪人を倒してしまいます。

漫画としては中々できないことだと思いますし、だからこそこれだけ今話題になっているのもうなずける気がしました。どんな怪人もすぐにサイタマと遭遇して戦うわけではありませんので、それまでに様々なヒーロー達とも戦っていきます。

そこでのどっちが勝つかわからない緊迫した雰囲気と技の迫力がとても好きで魅力を感じました。

この漫画はまだまだ完結しておらず、これから物語の核心に迫っていくんじゃないかというところにきていますので今後怪人達がどうゆう風に動いていき世界にどういった影響を与えていくのかということや、ヒーロー側にも何か秘密を持った人物がいるのでその部分の解明もとても楽しみにしているところです。

読み終えるとスカッとする漫画ですのでもっと有名になってほしいなと感じています。

コミックレンタル

まとめ

matom
以上がギャップに驚き!ワンパンマンのレンタル料金と見どころと感想まででした。

作者のONE先生のその他の作品は、モブサイコ100と魔界のオッサンなど、モブサイコ100はこのブログでも紹介していますから、興味があれば両方読んでみてください。

それにしてもONE先生は作品数が少ないのに、ワンパンマンもモブサイコ100もどちらもアニメ化されているのが凄いですよね。それだけ両作品が面白いということです。

スポンサーリンク