Wimax2+ ギガ放題をGMOとくとくBBで申し込んで使った感想

2019年1月8日

インターネット回線を賃貸や持ち家などで利用する際に、どこを選べば得かを一度はネットで調べると思いますが、この度私もネット回線を引くのかWifiでネットを利用するのか思考錯誤した結果Wimax2+ ギガ放題を利用することにしました。

単純に料金だけで見るとWimax2+ ギガ放題がお得で各社キャッシュバックや割引サービスで他社を差をつけています。

ここではそのWimax2+ ギガ放題を申し込んで使った感想などを紹介していきますので、ネット回線選びの参考にしてください。

スポンサーリンク

Wimax2+ ギガ放題とは

Speed Wi-Fi NEXT WX05

  • 自宅でも外出先でもネット回線が利用できる (下り最大440Mbps)
  • ギガMAXなのでデータ通信の制限なし(前日までの直近3日間で「WiMAX 2+」「au 4G LTE」の通信量の合計が10GB以上となった場合を除く)
  • GMOとくとくBBで申し込めばキャッシュバックあり
  • ギガ放題プランと通常プランのプラン変更は月単位で何度でも変更可能
  • auユーザーならスマートバリューでさらに月額割引あり

といった具合で、難しい初期設定も要りませんし端末料金も不要です。パソコンを持っている人ならスマホと両方Wimax2+を両方使えばかなりお得であるということがわかります。

電波エリアチェックをしてみよう

Wimax2+には利用可能なエリアが決まっていて、完全に日本全土をカバーしているわけではありません。

GMOとくとくBB wimax2 エリア確認でお住まいの地域やwifiを使う場所でエリアが対応しているかチェックしておきましょう。

もっとエリアの詳細が知りたい人はピンポイントエリア判定を見ると、住所の大まかな番地の電波チェックも可能となっています。

それでも実際使ってみないと電波状況はわかりません!でもGMOとくとくBBで申し込めば利用後20日以内までは解約可能です。なので20日ほど使ってみることが可能です。

大体山の中や田舎でない限り利用するには、そこまで電波的には悪くないのですが、少し都心から外れた地域では都心と比較すると電波は弱いのが実情ですが、まあこれはやはり地域に左右されるので、都心から離れたら絶対ダメ!ということではありません。

私が選んだ端末

Wimax2+端末
端末料金は無料なので、持ち運びできるか家で使うかの選択ですが、持ち運びできるのは2種類ありWX05とW05があります。後者のほうがネットで調べると速度は速いという口コミを見つけましたが、前者はバッテリーが長持ちするという点で選びました。

ちなみに端末の置台としてクレードルという白の台がありますが、あると便利なので一緒に購入しておきましょう。無線だけでなくUSB接続やLANケーブル接続が可能となっています。

パソコンでも利用する人には必須のアイテムとも言えます。

また上記写真ではカバー付きですが、外出時に落としてはいけないので、カバーも購入しておきましょう。下記なら保護フィルム付きです。

WX05 Speed Wi-Fi NEXT クレードル 対応 モバイルルーター ケース + 保護フィルム
カバーと保護フィルム両方付いているので、これ一つで他に何も要りません。
クレードルにもカバーを付けたまま置けるのでこれ一択で良いと思います。

スマホで使った感想

スマホとWimax2+を利用した感想は、サクサク快適で室内でも屋外でも今のところ、不具合なしです。動画も見れるしネット検索も順調となっています。

LINE電話も途切れず、普段のスマホ使用とそん色ありませんでした。

私はスマホはauを利用しているのですが、この際契約プランを1GBまで減らしWimax2+の料金分カットしたため、毎月の利用金額は損しないように工夫しました。

要するに

Wimax2+を利用する前

データ定額20GB 6,000円 スーパーカケホ 1,700円 LTE NET 300円 合計8,000円

で機種代金や保険を払っていたので、月に10,000~11,000円ぐらいの支払いでした。

Wimax2+を利用後

auピタットプラン1GB 2,980円  合計2,980円

と保険料や機種代金を入れても、月に5,000円前後まで落とすことができました。これにWimax2+の月額料金を(3,609~4,263円)入れても断然お得といえます。

ただしデメリットもあって、スマホとポケットwifiを両方持ち運ばないといけないという点ですね。あと設定でモバイルデータをOFFにしておけば、ギガ泥棒というCMであったように勝手にwifiの環境を経由せず、GBが使われる心配もなくなります。

これは料金プランを落とした人には、必須のテクニックといえます。

パソコンやタブレットで使った感想

パソコンは仕事上でネット回線が必要で、タブレットは外出先で子供が動画を見るのに利用しています。

使った感想でいえば、外での利用は電波状況もよく問題ないのですが、建物内などで利用するとやや電波が悪いといえます。

上記画像で見てもわかるように電波が悪いと、アンテナが1~2本しか点灯せず、良くてもアンテナが3本でした。

これらを改善した方法はいくつかあり、

  1. ポケットwifiの端末を窓際に置いた
  2. 周波数を2.4GHzから5.0GHzに変更した
  3. クレードルに置いてPCを無線ではなく、有線のUSBやLANケーブル接続にした

などです。主に1と2で電波状況はアンテナ3本まで改善したので、3本あればストレスは感じませんが、アンテナ1~2本では結構回線が途切れるのでストレスがかかります。

有線接続も試してみましたが、実際GMOとくとくBBサポートに電話したところUSB接続よりLANケーブル接続のほうが電波は良いという返答が返ってきました。

キャッシュバックはないけど月額料金を抑えたい人は下記からのお申し込みがお得です。


まとめ

これまでのおさらいをすると

  • Wimax2+を申し込んだらスマホの料金プランも見直すべき
  • 室内で利用する際には、やや電波が悪いので周波数を5GHzに変更したほうが良い
  • 置台のクレードルは必ず一緒に申し込んでおく

ということです。最初は電波の入り具合などで色々てこずりましたが、現在は何の問題もなく利用しています。このための20日間までなら解約可能というメリットを活かして、お得なネットライフを楽しみましょう。

結論を簡単に言えばWimax2+ ギガ放題は、GBの制限がなく結果的にはストレスフリーとなりました。